Archives for : 1月2015

日本で実施している臨床実験の種類は、研究者主導臨床試験と医療主導治験などがあります。
研究者主導の臨床試験は、これまでに厚生労働省で承認された薬の診断法や治療法を参考に、薬のよりよい組み合わせを確立を目的とした臨床試験を研究者主体で行います。
製薬企業による治験では、開発が進まない放射線治療や手術などの薬事法の対象にならない医療行為は、研究者が主体となり、医療上の課題を見つけ臨床試験を行う場合があります。
治験は、厚生労働省の承認を得る事を目的とした未承認薬を使用して、製薬企業を中心に行う臨床試験で、いままでの病気では使用されたことのない薬の有効性や安全性の調査を行い調べます。
厚生労働省に承認を得る事が出来た場合は、企業がその薬を販売する事が可能になり、認められた範囲内で薬を使用する事が出来るようになります。
薬に関する法律が改正された現在では、医師自ら治験を行う事が可能になり、患者自身も臨床試験に協力することで、病気の治療や予防の有効性を確認する事が出来ます。
日本で実施している臨床実験は、医師や研究者などが有効性や安全性の調査を実行し、今まで効果が無かった病気に効果的な新しい薬を作れるように日々研究を行っています。