Archives for : 11月2014

私たちは日常生活において様々なことが起こります。
この中の一つに病気があります。
病気は気がついたら治っているようなものもあれば、薬局で薬を手に入れて服用すれば治るものもあります。
また、病院で医師に診察をしてもらうものもあれば、命に関わるような重大なものもあります。
このように病気には多くの段階があるのです。

この中でも薬を手にする場合は薬局や病院以外にも方法があります。
それが海外からの輸入です。
日本ではない国で製造販売されている医薬品を企業経由で手に入れるのです。
これはあくまでも自分で判断して手に入れている個人輸入と考えられるのです。
それを企業が仲介しているシステムなのです。

日本は医療に関しては世界でも非常に進んだ医療先進国です。
医療先進国として安全性を重視しているので、自国で問題がないと判断したもの以外は例え国内の薬局や病院などであっても販売することが許されていません。
日本で薬を販売する場合は製造や販売までの間に多くの実験が行われます。
それら多くの実験を行ない、人体に影響がないと判断された場合のみ日本でのみ流通ができるのです。
日本の医療はこのようなことがあるので、事故が少なく高度な技術を保っていられるのです。