Archives for : 10月2014

最近では、インターネットの普及に伴い、日本国内では認可されていない医薬品を海外から簡単に輸入し入手することが出来るようになりました。
日本国内で購入することが出来るという医薬品であっても、輸入したほうが安価に手に入れることが出来る場合もあり、個人輸入は非常に注目を集めています。

安価に効果的な医薬品を購入する事が出来るのは、決して悪いことばかりではありません。
しかし、一方で偽物が多数出回っているという事実もあります。
医薬品の真偽判定を素人が行うのは非常に難しいものです。
専門の知識や用具などが必要となる場合もあります。

偽物の医薬品を服用・使用した場合には、副作用が強く現れてしまったり、思ったような効果を得ることが出来ない、何らかの健康被害が生じるということもあります。
また、用量・用法を理解せずに服用した場合には、最悪命の危険がありますので、十分に注意することが大切になります。

具体的な方法としては、信頼することが出来るところから購入するということです。
個人輸入で購入する場合には、代行業者を利用するのが一般的です。
出来るだけ大手の業者で実績のあるところを利用することが大切になります。
利用したことのある人の口コミなども参考にすると良いかもしれません。

今般のインターネット社会の到来を迎え、ネット通販での買い物が人気を集めています。
実際にスーパーマーケットやコンビニエンスストアに出向いて商品を購入するというよりもネットでショッピングをする人の数も増加傾向にあるといわれています。
そんな中で、問題になってきているのが、医薬品の偽造品の増加といえます。
その見た目は酷似しており、外観じゃ分からないとされています。
むろん、本物と偽って類似した物を販売することは違法行為であります。
その商品を手にする側にとっては、もちろん、迷惑な話であります。
一方で、そのサイトを運営する側にとっても、知らないうちに、偽造品をつかまされるケースも多いとされ、困惑しています。
しかしながら、一般的には、運営する側にも責任はあるとされ、返品や返金の申請に応じているケースも多く、経営難に陥る要因になり兼ねないとされています。
医薬品の偽造品に関しては、口に入れるものであり、代金も高額なものになるケースも多いといえます。
この危機的な状況に対し、通販を運営する企業はもとより、消費者センターや管轄省庁なども監視を強化しています。
高齢化社会の到来も視野に入れ、必要な取締の強化が期待されています。

医療機関や専門的な資格を有していなくても医薬品を輸入したり販売することが可能になった現在、医薬品の個人輸入にはメリットもありますが問題点も多数存在しています。
海外の医薬品は日本国内で製造されているものよりも認可制度が甘く作られていたり、チェック体制が整っていないこともあります。
そのため粗悪品が含まれていたり、異物の混入などのリスクが非常に高いのです。

なお個人輸入サイトの運営者も購入者もこうした医薬品に関する知識が乏しいことがほとんどであるため、粗悪の品や異なる薬物の混入に気付かない可能性が非常に高く、その部分に関してはかなりの危険性があると判断されています。

個人輸入サイトではなく、購入者自身が海外サイトにアクセスするなどして医薬品を購入する場合にはそのリスクが格段に上がると言えます。
個人輸入者を目的とした詐欺グループや違法な価格での販売を行うサイトなどもあるからです。

個人輸入をする場合や、輸入サイトを活用する場合には相手とのやりとりなどを確立し、支払いや金額、製品についての疑問点を全て解消することが前提となります。
医薬品は直接体に取り入れるものであるため、安全性を確保するためのこうした行為は必須なのです。